マスターカードはインターネットショッピングも利用できる

インターネットのショップで買い物をするときに現金を使わずにオンラインで決済する方法をネット決済と言います。
色々な決済方法がありますが、パソコンからのネットバンキングが便利です。
消費者はATMの存在を気にする必要がなくなるので買い物を手軽に行えるメリットがあります。
販売店も在庫を抱える必要がなくなり営業時間が関係なくなるので自由に作業ができます。
メリットばかりに思われがちですが、デメリットも多く特に海外サイトを利用する際は用心が必要です。
クレジットカードは、現金不要で会計ができるだけでなくそれ以外にも数多くの特典を受けることができます。
イオン、セブンカードなど流通系のものは「感謝デー」と称してポイント付与率が高くなるサービスを定期的に開催しています。
JCB、AmericanExpressなどの国際ブランドでは日本国内や海外での宿泊施設、レストランや買い物で優待を受けることができます。
発行元が運営する特典としてレクリエーション面では、フットサルコートやテニスコート、テニススクール、乗馬、カヌーなどのスポーツ施設の割引価格での利用があります。
片や、美容や医療面に力をいれているカードもあり健康、ダイエット、漢方相談、メンタルヘルスなどの専門相談などのサービスをうけられるものもあります。
クラッシックカードでは得られないステータスがゴールドには与えられていて通常会員が利用できないサービスを受けることができます。
申し込みには勤務先の規模や経営状況など厳しい審査がありましたが近年、より上のランクのカードができたため条件が緩和されてきています。
この会員が受けることのできる特典としては専用デスクの利用、ホテルや航空券、劇場などのチケットの手配などがあります。
年間の会費が無料になるものもありますが、これについては既存会員の中で企業が規定する利用条件を満たした人だけが「お誘い」を受けるシステムなので、自発的に申し込んでも受け付けてもらえません。
片や会社側で設定 した金額以上の年間決済で次年度の年会費が無料になるものもあり、三菱東京UFJ銀行の三菱東京UFJ-VISAゴールドでは年間100万円の決済で適用されます。

マスターカード比較人気