白髪染めの種類と特徴は?

白髪染めは、一般的に次の4種類に分けられます。
■ヘアカラータイプ白髪染めの中では、このタイプが最も一般的です。
1剤と2剤を混ぜ合わせたものを染料として髪に塗って染めていきます。
(メリット)髪の毛を一旦脱色させ、その後直接髪の毛に染料をしみこませるので、1回の染毛でしっかり染める事ができます。
また、長期間(2~3ヶ月)染まった状態を維持することが可能です。
■ヘアマニキュアタイプ染料を直接しみこませるヘアカラーと異なり、髪の表面に染料を定着させることにより白髪を染めるタイプです。
また、染める事により髪の毛をコーティングしますので、ツヤが出てきれいな仕上がりになります。
(デメリット)髪の毛の表面のみに染料が定着させるタイプなので、ヘアカラーほど着色力が強くありません。
日常のシャンプーなどで段々色があせ、白髪が目立ってきてしまいます。
このタイプの白髪染め効果は約1ヶ月が目安となります。
■シャンプータイプ毎日使うシャンプーを白髪染め用シャンプーに変えることで、自然に白髪を染めていくタイプです。
(メリット)白髪を染めるための特別な準備や作業が必要ないので、手軽に白髪染めをすることが可能です。
日々のシャンプーで白髪染めをしていきますので、染めている部分と生え際の部分が目立つといった事がありません。
(デメリット)染める効果は他のタイプよりかなり低いため、効果が出るまでの時間がかかります。
また、強く染められるタイプではないので、劇的な白髪染め効果は期待できません。
今すぐに白髪を染めたい場合や一気に白髪を目立たなくしたい場合には、このタイプはおすすめできません。
■カラースプレー髪の毛に直接染料を吹き付けるタイプです。
(メリット)スプレーで吹き付けるだけなので、簡単手軽に白髪を隠す事ができます。
また、白髪染め効果は1日程度しか持ちません。