住宅ローン審査の年収の嘘ホント!

住宅ローンを組める上限は、年収によって変わってきます。
35歳のサラリーマンの平均的な年収は450万円です。
それぞれのシミュレーションを利用して調べて見ると、住宅金融支援機構ならば、3,960万円、イオン銀行では2,540万円〜3,390万円となりました。
あくまでも参考値なので、本当に限度額一杯まで借りることが出来るかは、審査の結果によります。
安定した収入があって、返済能力があると判断されれば借り入れが可能ですが、限度額一杯の借り入れは、返済の為に切り詰めた生活を余儀なくされることもあるので、月々の返済額が無理のないものかチェックする必要があります。
年収450万円で、月10万円の家賃の生活でその分でと考えるなら、2,500万円くらいで考えた方が安全です。