クレジットカード審査に通らない理由とブラックリスト掲載

クレジットカードの審査に通らない理由には、ブラックリストに掲載されてしまっていることがあげられます。
ブラックリストとは、ローンなどの返済のときに何か問題を起こした人を掲載して管理するためのリストのことです。
このリストは信用情報機関というところで管理されており、すべての貸金業者や金融機関、カード会社などで共有されています。
ブラックリストに掲載されてしまう条件は、過去に何度かローンの返済を滞納してしまったときです。
どの程度でブラックリストに滞納の記録を掲載するのか、その基準はカード会社によってまちまちですが、一定以上の延滞記録があるとブラックリストに掲載するケースが大半です。
また、カード会社に迷惑行為を繰り返した人もブラックリスト掲載の対象となります。
会社に嫌がらせの電話を何度もしたり、カード会社に訴訟を起こしたり、といった場合でもブラックリストに掲載されることがあります。
また、カードを作るときに嘘を記載した場合もブラックリスト掲載の対象となります。