ブルーアンバーの希少価値

ブルーアンバーは、琥珀の仲間の宝石です。
ここ十数年の間で発見された、割りと新しい琥珀なのですが、その発掘は非常に難しく、大変貴重な宝石のため、琥珀の中でも特に希少価値が高いものとされています。
主な産出国は、ドミニカ共和国なのですが、ドミニカ共和国のブルーアンバーはブランド化されていて、とても高値で取りひきされているそうです。
また、発掘制限を設けるなど、ブルーアンバーが枯渇しない様な工夫も現地ではされている様ですね。
そんな希少価値が高いブルーアンバーは、5月25日の誕生日石とされています。
石言葉は静かに燃える恋心とされていて、琥珀類はお金と縁がある石とされていましたが、ブルーアンバーは恋にも縁があるようです。
ブルーアンバー意味?琥珀の神秘的効果とは【不思議な変化】