BTOデスクトップパソコンってどう?

組み立て式のパソコンは、パーツごとに買い集めて組み立てるので汎用性を持たせるために一定の規格に基づいて作られています。
ですから、筐体が同じでも中身をマザーボードごと交換することも可能ですし、別のメーカーのビデオボードに付け替えることもできます。
元々、バラバラなパーツを組み立てることを前提としていますから、デスクトップパソコンの場合はネジを数個外すだけでマザーボードへアクセスできるようになっています。
故に、これらのパーツで組み立てられたBTOパソコンは、とてもメンテナンスがしやすいのです。
一方で、メーカー製のパソコンはオリジナルの筐体を使うことが多々あるので、簡単には分解できないパソコンがあります。
メーカー製パソコンは、ユーザーが拡張することは念頭に置いて作られていないので、メモリーの交換だけでも四苦八苦するものが少なくありません。
このようにメンテナンス性でも、BTOパソコンに軍配があがります。
BTOランキングおすすめは?パソコン徹底比較!【評判ショップは?】