フラット35S金利Bプランの技術基準はどう?

フラット35S金利Bプランを利用するにあたって設けられている新築住宅・中古住宅共通の技術基準には5つあり、そのうち1つ以上の基準をクリアしている必要があります。
5つの基準というのは、省エネルギー性(省エネルギー対策等級4の住宅であること)、耐久性・可変性(劣化対策等級3の住宅であり、なおかつ維持管理対策等級2以上の住宅であること)、耐震性(耐震等級2以上の住宅であること、住宅性能表示制度の評価方法基準1から3に適合している免震建築物であること)、バリアフリー性(高齢者等配慮対策等級3以上の住宅であること)というものになります。
この条件を満たしていないと、フラット35Sの金利引き下げを受けることは出来ません。
フラット35金利比較一覧!金利推移予想は?【おすすめ銀行ランキング】